読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NBAなんでもベスト5

NBAやNCAAバスケットボールについて、独断と偏見で気軽にランキング

NBAファイナル2016 第4戦の「たいへんよくできました」ベスト5

NBA

ステフィン・カリーが爆発 ウォリアーズが大手

f:id:edcota:20160614102119j:plain

前半はキャブズに何度もハイライトシーンが生まれ、トリスタン・トンプソンのオフェンスリバウンドや復帰したケビン・ラブの途中出場など、ホームを沸かせる要素はいくつもありました。ところが、思った以上にウォリアーズとの点差は広がらず、接戦の状況が続いていきます。
ウォリアーズはステフィン・カリーを中心に得点を重ね、キャブズのランを許さないシュートを着実に決めていきます。ディフェンスでなかなかウォリアーズの調子を崩すことができないキャブズは、オフェンスのリズムを維持するしかありません。第4クォーターの中盤にはついにそのキャブズのオフェンスが停滞します。逆にウォリアーズは勝負所で次々とシュートを決めて、アウェイで貴重な勝利を手にしました。
ウォリアーズはカリーが38得点の大活躍で、得意の3PTシュートも効果的に沈めていました。キャブズはレブロン・ジェームズがトリプルダブルに迫るスタッツを記録するも、アウトサイドのシュートがなかなか決まらず、7つのターンオーバーも犯しています。
これで1勝3敗と後がないキャブズですが、NBAファイナル史上、1勝3敗から逆転して優勝したチームはこれまで1つもありません。チームに劇的な変化がなければ、これを覆すのは不可能といっても過言ではないでしょう。

NBAファイナル2016 スケジュール

  • 第1戦 6月3日 (金) CLE 89 - 104 GSW (GSW lead 1-0)
  • 第2戦 6月6日 (月) CLE 77 - 110 GSW (GSW lead 2-0)
  • 第3戦 6月9日 (木) GSW 90 - 120 CLE (GSW lead 2-1)
  • 第4戦 6月11日 (土) GSW 109 - 97 CLE (GSW lead 3-1)
  • 第5戦 6月14日 (火) 午前10時 CLE@GSW
  • 第6戦 6月17日 (金) 午前10時 GSW@CLE
  • 第7戦 6月18日 (月) 午前9時 CLE@GSW

※すべて日本時間

 


Warriors vs Cavaliers: Game 4 NBA Finals - 06.10.16 Full Highlights

 

 


「たいへんよくできました」ベスト5 - Game 4

 

5. ハリソン・バーンズ

f:id:edcota:20160614102130j:plain

  • Harrison Barnes (Golden State Warriors)
  • 40 MIN, 14 PTS, 8 REB, 2 AST, 1 STL
  • FG 5-11 45.5%, 3PT 4-5 80.0%

ベンチ陣の活躍もあって、ここまでスポットライトは当たっていませんでしたが、40分間の出場時間で、4本の3PTシュート成功を含む合計14得点を記録しました。第4クォーターにはイグダーラのオフェンスリバウンドからパスを受けて、勝負を決める3PTシュートを沈めるなど、この試合のハイライトシーンも生みました。

 


4. カイリー・アービング

f:id:edcota:20160614102143j:plain

  • Kyrie Irving (Cleveland Cavaliers)
  • 43 MIN, 34 PTS, 4 REB, 4 AST, 3 STL, 1 BLK, 1 TO
  • FG 14-28 50.0%, 3PT 2-6 33.3%, FT 4-5 80.0%

第3戦に続いて積極的にシュートを打っていき、34得点を記録しましたが、チームの勝利には繋がらず。負けはしたものの調子は良さそうなので、アウェイでの第5戦でも同様の力を発揮できるかどうか。アービングが沈黙するようでは、追い込まれた第5戦の勝利はないでしょう。

 


3. アンドレ・イグダーラ

f:id:edcota:20160614102151j:plain

  • Andre Iguodala (Golden State Warriors)
  • 37 MIN, 10 PTS, 6 REB, 7 AST, 1 STL, 1 BLK, 1 TO
  • FG 4-12 33.3%, 3PT 2-5 40.0%

昨シーズンのファイナルほどのインパクトはないものの、相変わらずベンチから出場してチームの勝利に大きく貢献しています。この試合では貴重な3PTシュートを決めるなど、攻守にわたってキャブズを苦しめました。アシストも7を記録している通り、オフェンスの潤滑油としても重要な役割を果たしており、ディフェンス以外でも頼りになる存在です。

 


2. クレイ・トンプソン

f:id:edcota:20160614102200j:plain

  • Klay Thompson (Golden State Warriors)
  • 39 MIN, 25 PTS, 4 REB, 1 AST, 1 STL, 1 BLK, 1 TO
  • FG 7-14 50.0%, 3PT 4-9 44.4%, FT 7-7 100.0%

一進一退の攻防が続く中、キャブズに流れが傾きかけた場面で、それを打ち消す得点が印象的でした。スプラッシュブラザーズの一角としては期待通りの活躍で、ウォリアーズの勝ちパターンを実践。カリー、トンプソン、両者のスコアリングが復活しては、キャブズに勝ち目はないか。

 


1. ステフィン・カリー

f:id:edcota:20160614102211j:plain

  • Stephen Curry (Golden State Warriors)
  • 40 MIN, 38 PTS, 5 REB, 6 AST, 2 STL, 3 TO
  • FG 11-25 44.0%, 3PT 7-13 53.8%, 9-10 90.0%

第1クォーターにイマン・シャンパートのディフェンスを前に決めた、ステップバックの3PTシュートは圧巻でした。ディフェンスのチェックをものともせず3PTシュートを次々に沈め、終わってみれば38得点の大活躍。やっと、カリーらしい爆発力を見ることができた試合で、第5戦でも同じようなパフォーマンスを発揮できれば、ウォリアーズの2年連続優勝と、ファイナルMVPの受賞が近づくことでしょう。

 

NBAファイナル2016 「たいへんよくできました」ベスト5

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村


NBA ブログランキングへ

NBAファイナル2016 第3戦の「たいへんよくできました」ベスト5

NBA

カイリー・アービングが30得点 キャブズ復調の兆し

f:id:edcota:20160609152230j:plain

レブロン・ジェームズ以外のプレーヤーが復調したキャブズが第3戦に勝利。キャブズは試合開始から、これまでのうっぷんを晴らすかのようなスタートダッシュを見せます。前半はカイリー・アービングのシュートが次々と決まり、他の選手もこれに続き、試合運びを有利に進めます。
これまで苦戦していたウォリアーズのカバーディフェンスに対して、早い判断をチーム全体で意識したことも功を奏したようです。オフェンスのテンポが速くなり、ボール回しも改善を見せ、トリスタン・トンプソンの13リバウンドを筆頭に、リバウンドでも52対32とウォリアーズを圧倒しました。
対するウォリアーズは、第3クォーターにステフィン・カリーを中心に反撃の兆しを見せますが、最後までリズムを掴めませんでした。ここまでプレーオフの戦いでは、劣勢に立たされても必ず復活してきたウォリアーズですから、恐らく大きく崩れることはないでしょう。修正能力が高いチームなので、同じ轍は踏まないはず。たとえ次の第4戦を落としたとしても、ホームコートアドバンテージを持つウォリアーズが有利な状況は変わりません。

NBAファイナル2016 スケジュール

  • 第1戦 6月3日 (金) CLE 89 - 104 GSW (GSW lead 1-0)
  • 第2戦 6月6日 (月) CLE 77 - 110 GSW (GSW lead 2-0)
  • 第3戦 6月9日 (木) GSW 90 - 120 CLE (GSW lead 2-1)
  • 第4戦 6月11日 (土) 午前10時 GSW@CLE
  • 第5戦 6月14日 (火) 午前10時 CLE@GSW
  • 第6戦 6月17日 (金) 午前10時 GSW@CLE
  • 第7戦 6月18日 (月) 午前9時 CLE@GSW

※すべて日本時間


Warriors vs Cavaliers: Game 3 NBA Finals - 06.08.16 Full Highlights

 

 

「たいへんよくできました」ベスト5 - Game 3

 

5. JR・スミス

f:id:edcota:20160609152239j:plain

  • J.R. Smith (Cleveland Cavaliers)
  • 37 MIN, 20 PTS, 4 REB, 1 AST, 3 STL, 0 TO
  • FG 7-13 54.8%, 3PT 5-10 50.0%, FT 1-2 50.0%

20得点を挙げる活躍で復調の兆しを見せたJR・スミス。3PTシュートもようやく決まりだし、この試合で自信を取り戻すことができたでしょうか。しかし、流れの良いゲーム展開から得点を稼いだ面もあり、劣勢の場面や接戦の場面でもシュートを決めることができるのか気になります。

 


4. リチャード・ジェファーソン

f:id:edcota:20160609152253j:plain

  • Richard Jefferson (Cleveland Cavaliers)
  • 33 MIN, 9 PTS, 8 REB, 2 AST, 2 STL, 1 TO
  • FG 4-7 57.1%, 3PT 1-3 33.3%

脳震とうの影響で欠場したケビン・ラブの代役として先発出場。地味ながらベテランらしいプレーでチームに貢献。前回の第2戦でも周りの調子が上がらない状況で、積極的にオフェンスへ参加していました。経験豊富な大ベテランは、今後の戦いでも頼りになる存在です。

 


3. レブロン・ジェームズ

f:id:edcota:20160609152307j:plain

  • LeBron James (Cleveland Cavaliers)
  • 40 MIN, 32 PTS, 11 REB, 6 AST, 1 STL, 2 BLK, 5 TO
  • FG 14-26 53.8%, 3PT 1-2 50.0%, FT 1-2 60.0%

レブロンは負担が軽減されて、孤立する場面が減りました。第1戦、第2戦ではドレイモンド・グリーンのヘルプディフェンスに苦しめられていましたが、第3戦ではそれに上手く対処していた様子。後半に点差が開いてからは、躍動感のあるプレーで得点も伸ばしていきました。ロッカールームでのチームを鼓舞するリーダーシップも良い効果を生んだことでしょう。

 


2. トリスタン・トンプソン

f:id:edcota:20160609152315j:plain

  • Tristan Thompson (Cleveland Cavaliers)
  • 31 MIN, 14 PTS, 13 REB, 2 AST, 0 TO
  • FG 5-6 83.3%, FT 4-5 90.0%

リバウンドで優位に立ったキャブズの中で、トリスタン・トンプソンが13リバウンドを奪取。その内、オフェンスリバウンドが7で、プットバックからの得点もチームに活力を与えました。オフェンスリバウンドが増えれば、キャブズの得点も自ずと増えるでしょう。

 

1. カイリー・アービング

f:id:edcota:20160609152326j:plain

  • Kyrie Irving (Cleveland Cavaliers)
  • 36 MIN, 30 PTS, 4 REB, 8 AST, 1 STL, 2 TO
  • FG 12-25 48.0%, 3PT 3-7 42.9%, FT 3-3 100.0%

第3戦ではボールを運ぶシーンも増え、オフェンスのテンポを上げることに成功しました。3PTが好調で前半に19得点を奪うと、ドライブからのアタックやアシストの供給でオフェンスを牽引。第4戦でもこうした積極性を発揮できれば、シリーズをタイに戻すことができるでしょう。

NBAファイナル2016 「たいへんよくできました」ベスト5

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村


NBA ブログランキングへ

TOP 100 NBAドラフト2016 総合ランキング v5.0

DRAFT

ドラフト前ワークアウト実施中

f:id:edcota:20160608215050j:plain

NBAの各チームはドラフト前にワークアウトを実施しています。多くのドラフト候補生が参加しており、その結果は指名順位にも影響してきそうです。
当然ながら各メディアのドラフト予想もワークアウトでの評判をもとに変化しています。例えば、高い運動能力をアピールしたワシントン大のマーキース・クリスは、DraftExpressで3位予想、ESPNで4位予想と評価が上昇しています。
他にはジェイレン・ブラウン、クリス・ダン、ウェイド・ボールドウィンが上昇傾向で、逆にバディ・ヒールド、ヘンリー・エレンソンの予想順位は下降しています。
1位指名がベン・シモンズ、2位指名はブランドン・イングラムという予想は決定的と思われます。

2016 NBA Draft

  • 開催日 6月24日(金)
  • 開催地 バークレイズ・センター (ブルックリン)

スケジュール

  • 5月12日(木) - 5月16日(月) ドラフトコンバイン (シカゴ)
  • 5月18日(水) ドラフトロッタリー
  • 5月26日(木) NCAAが定めたアーリーエントリー撤回期限
  • 6月14日(火) NBAが定めたアーリーエントリー撤回期限
  • 6月24日(金) NBAドラフト当日

※すべて日本時間


Marquese Chriss Washington Full Highlights 2.18.2016 vs. Cal - 17 Pts, 4 Blocks!

 


NBAドラフト2016 総合ランキング TOP 100 (Version 5)

 

Rank / (Last Week Up Down) / Team / Name / Position (From - Class) / Age | Height | Weight

 

  1. ( 0 ) 76ers : Ben Simmons SF/PF (LSU - Freshman) 19.8 years old | 6'10" | 239 lbs
  2. ( 0 ) Lakers : Brandon Ingram SF (Duke - Freshman) 18.7 years old | 6'9" | 196 lbs
  3. ( 0 ) Celtics : Dragan Bender PF (Maccabi Tel Aviv - International) 18.4 years old | 7'1" | 225 lbs
  4. ( 0 ) Suns : Jamal Murray PG/SG (Kentucky - Freshman) 19.2 years old | 6'5" | 201 lbs
  5. ( +1 ) Timberwolves : Jaylen Brown SF (California - Freshman) 19.5 years old | 6'7" | 222 lbs
  6. ( +1 ) Pelicans : Kris Dunn PG (Providence - Junior) 22.1 years old | 6'4" | 205 lbs
  7. ( -2 ) Nuggets : Buddy Hield SG (Oklahoma - Senior) 22.4 years old | 6'4" | 214 lbs
  8. ( +2 ) Kings : Marquese Chriss PF (Washington - Freshman) 18.8 years old | 6'9" | 225 lbs
  9. ( 0 ) Raptors : Jakob Poeltl C (Utah - Sophomore) 20.5 years old | 7'1" | 242 lbs
  10. ( -2 ) Bucks : Henry Ellenson PF (Marquette - Freshman) 19.3 years old | 6'10" | 231 lbs
  11. ( 0 ) Magic : Deyonta Davis PF/C (Michigan St - Freshman) 19.4 years old | 6'10" | 230 lbs
  12. ( 0 ) Jazz : Skal Labissiere PF/C (Kentucky - Freshman) 20.1 years old | 7'0" | 216 lbs
  13. ( 0 ) Suns : Denzel Valentine SG (Michigan State - Senior) 22.4 years old | 6'6" | 223 lbs
  14. ( +1 ) Bulls : Wade Baldwin PG (Vanderbilt - Sophomore) 20.1 years old | 6'3" | 195 lbs
  15. ( -1 ) Nuggets : Domantas Sabonis PF/C (Gonzaga - Sophomore) 20.1 years old | 6'10" | 231 lbs
  16. ( 0 ) Celtics : Timothe Luwawu SG/SF (Mega Leks - International) 21.0 years old | 6'7" | 205 lbs
  17. ( 0 ) Grizzlies : Demetrius Jackson PG (Notre Dame - Junior) 21.6 years old | 6'1" | 194 lbs
  18. ( 0 ) Pistons : Furkan Korkmaz SG (Anadolu Efes - International) 18.8 years old | 6'7" | 185 lbs
  19. ( 0 ) Nuggets : Tyler Ulis PG (Kentucky - Sophomore) 20.3 years old | 5'9" | 160 lbs
  20. ( 0 ) Pacers : Taurean Prince SF (Baylor - Senior) 21.7 years old | 6'7" | 215 lbs
  21. ( +1 ) Hawks : Ante Zizic C (Cibona Zagreb - International) 19.3 years old | 6'11" | 240 lbs
  22. ( +3 ) Hornets : Cheick Diallo PF/C (Kansas - Freshman) 19.6 years old | 6'9" | 220 lbs
  23. ( 0 ) Celtics : Brice Johnson PF (North Carolina - Senior) 21.8 years old | 6'9" | 230 lbs
  24. ( -3 ) 76ers : Malik Beasley SG (Florida St - Freshman) 19.4 years old | 6'4" | 185 lbs
  25. ( -1 ) Clippers : DeAndre Bembry SF (Saint Joseph's - Junior) 21.8 years old | 6'6" | 210 lbs
  26. ( +5 ) 76ers : Damian Jones PF/C (Vanderbilt - Junior) 20.8 years old | 6'11" | 248 lbs
  27. ( +3 ) Raptors : Ivica Zubac C (Mega Leks - International) 19.1 years old | 7'1" | 265 lbs
  28. ( -1 ) Suns : Dejounte Murray PG/SG (Washington - Freshman) 19.6 years old | 6'5" | 170 lbs
  29. ( -1 ) Spurs : Juan Hernangomez SF/PF (Estudiantes - International) 20.6 years old | 6'9" | 220 lbs
  30. ( -4 ) Warriors : Malachi Richardson SG/SF (Syracuse - Freshman) 20.3 years old | 6'6" | 210 lbs
  31. ( -2 ) Celtics : Thon Maker PF (Athlete Institute - HS Senior) 19.2 years old | 7'0" | 219 lbs
  32. ( +1 ) Lakers : Diamond Stone C (Maryland - Freshman) 19.2 years old | 7'0" | 255 lbs
  33. ( +2 ) Clippers : Stephen Zimmerman C (UNLV - Freshman) 19.6 years old | 7'0" | 235 lbs
  34. ( +2 ) Suns : Petr Cornelie PF (Le Mans - International) 20.8 years old | 6'11" | 220 lbs
  35. ( -1 ) Celtics : Patrick McCaw SG (UNLV - Sophomore) 20.5 years old | 6'7" | 185 lbs
  36. ( -4 ) Bucks : Zhou Qi C (Xinjiang - International) 20.3 years old | 7'2" | 209 lbs
  37. ( +1 ) Rockets : Ben Bentil PF (Providence - Sophomore) 21.1 years old | 6'9" | 235 lbs
  38. ( +1 ) Bucks : Caris LeVert PG/SG (Michigan - Senior) 21.7 years old | 6'7" | 200 lbs
  39. ( +5 ) Pelicans : Guerschon Yabusele PF (Rouen - International) 20.4 years old | 6'8" | 240 lbs
  40. ( -3 ) Pelicans : Malcolm Brogdon SG (Virginia - Senior) 23.4 years old | 6'5" | 215 lbs
  41. ( 0 ) Magic : Isaia Cordinier SG (Denain - International) 19.4 years old | 6'5" | 190 lbs
  42. ( +6 ) Jazz : Pascal Siakam PF (New Mexico State - Sophomore) 22.2 years old | 6'9" | 230 lbs
  43. ( +1 ) Rockets : A.J. Hammons C (Purdue - Senior) 23.7 years old | 7'0" | 278 lbs
  44. ( -2 ) Hawks : Gary Payton II PG (Oregon State - Senior) 23.4 years old | 6'3" | 175 lbs
  45. ( -6 ) Celtics : Chinanu Onuaku C (Louisville - Sophomore) 19.5 years old | 6'10" | 246 lbs
  46. ( +9 ) Mavericks : Kay Felder PG (Oakland - Junior) 21.1 years old | 5'9" | 176 lbs
  47. ( 0 ) Magic : Robert Carter PF/C (Maryland - Junior) 22.1 years old | 6'8" | 247 lbs
  48. ( +3 ) Bulls : Isaiah Whitehead SG (Seton Hall - Sophomore) 21.2 years old | 6'4" | 195 lbs
  49. ( 0 ) Pistons : Wayne Selden SG (Kansas - Junior) 21.6 years old | 6'6" | 223 lbs
  50. ( -5 ) Pacers : Joel Bolomboy PF (Weber St - Senior) 22.2 years old | 6'9" | 230 lbs
  51. ( -1 ) Celtics : Anthony Barber PG (N.C. State - Junior) 21.8 years old | 6'2" | 185 lbs
  52. ( -1 ) Jazz : Michael Gbinije SG/SF (Syracuse - Senior) 23.9 years old | 6'7" | 200 lbs
  53. ( +4 ) Nuggets : Rade Zagorac SF (Mega Leks - International) 20.7 years old | 6'8" | 205 lbs
  54. ( +4 ) Hawks : Jake Layman SF (Maryland - Senior) 22.1 years old | 6'9" | 220 lbs
  55. ( -9 ) Nets : Paul Zipser SF (Bayern Muenchen - International) 22.2 years old | 6'8" | 210 lbs
  56. ( +4 ) Nuggets : Georgios Papagiannis C (Panathinaikos - International) 18.9 years old | 7'2" | 240 lbs
  57. ( -2 ) Grizzlies : Dorian Finney-Smith SF (Florida - Senior) 23.0 years old | 6'8" | 220 lbs
  58. ( +3 ) Celtics : Prince Ibeh C (Texas - Senior) 21.9 years old | 6'11" | 260 lbs
  59. ( -1 ) Kings : Melo Trimble PG (Maryland - Sophomore) 21.2 years old | 6'3" | 190 lbs
  60. ( +3 ) Jazz : Isaiah Cousins SG (Oklahoma - Senior) 22.1 years old | 6'4" | 192 lbs
  61. Undrafted : Sheldon McClellan SG (Miami FL - Senior) 23.3 years old | 6'5" | 205 lbs
  62. Undrafted : Perry Ellis SF (Kansas - Senior) 22.6 years old | 6'8" | 222 lbs
  63. Undrafted : Jarrod Uthoff SF/PF (Iowa - Senior) 22.9 years old | 6'9" | 210 lbs
  64. Undrafted : James Webb III SF/PF (Boise State - Junior) 22.4 years old | 6'9" | 202 lbs
  65. Undrafted : Julian Jacobs PG/SG (USC - Junior) 22.4 years old | 6'4" | 180 lbs
  66. Undrafted : Malik Newman PG/SG (Mississippi St. - Freshman) 19.2 years old | 6'4" | 179 lbs
  67. Undrafted : Ron Baker SG (Wichita St - Senior) 23.1 years old | 6'4" | 222 lbs
  68. Undrafted : Andrey Desyatnikov C (Zenit St. Petersburg U-21 - International) 22.0 years old | 7'3" | 225 lbs
  69. Undrafted : Troy Williams SF (Indiana - Junior) 21.1 years old | 6'6" | 195 lbs
  70. Undrafted : Daniel Hamilton SG (Connecticut - Sophomore) 20.7 years old | 6'8" | 198 lbs
  71. Undrafted : A.J. English PG/SG (Iona - Senior) 23.8 years old | 6'4" | 180 lbs
  72. Undrafted : Tyrone Wallace PG (California - Senior) 21.9 years old | 6'6" | 198 lbs
  73. Undrafted : Damion Lee SF (Louisville - Senior) 23.5 years old | 6'6" | 210 lbs
  74. Undrafted : Jaron Blossomgame SF (Clemson - Junior) 22.6 years old | 6'7" | 220 lbs
  75. Undrafted : Yogi Ferrell PG (Indiana - Senior) 23.0 years old | 6'0" | 178 lbs
  76. Undrafted : Marcus Paige PG (North Carolina - Senior) 22.6 years old | 6'2" | 175 lbs
  77. Undrafted : Rosco Allen SF (Stanford - Senior) 23.0 years old | 6'9" | 190 lbs
  78. Undrafted : Zach Auguste PF (Notre Dame - Senior) 22.8 years old | 6'10" | 240 lbs
  79. Undrafted : Isaiah Taylor PG (Texas - Junior) 21.7 years old | 6'3" | 168 lbs
  80. Undrafted : Josh Hart SG (Villanova - Junior) 21.2 years old | 6'5" | 202 lbs
  81. Undrafted : Georges Niang SF/PF (Iowa State - Senior) 22.9 years old | 6'8" | 236 lbs
  82. Undrafted : Marko Arapovic PF/C (Cedevita - International) 19.8 years old | 6'9" | 220 lbs
  83. Undrafted : Danuel House SF (Texas A&M - Senior) 22.9 years old | 6'7" | 215 lbs
  84. Undrafted : Devin Thomas PF (Wake Forest - Senior) 21.9 years old | 6'8" | 246 lbs
  85. Undrafted : Derrick Jones SF (UNLV - Freshman) 19.2 years old | 6'6" | 185 lbs
  86. Undrafted : Blaz Mesicek SG (Olimpija Ljubljana - International) 18.9 years old | 6'6" | 190 lbs
  87. Undrafted : Tim Quarterman PG/SG (LSU - Junior) 21.5 years old | 6'6" | 187 lbs
  88. Undrafted : Fred VanVleet PG (Wichita State - Senior) 22.2 years old | 6'0" | 197 lbs
  89. Undrafted : Kaleb Tarczewski C (Arizona - Senior) 23.2 years old | 7'0" | 243 lbs
  90. Undrafted : Aleksandar Vezenkov SF/PF (Barcelona - International) 20.5 years old | 6'9" | 225 lbs
  91. Undrafted : Kyle Wiltjer PF (Gonzaga - Senior) 23.3 years old | 6'9" | 226 lbs
  92. Undrafted : Andrew Andrews PG (Washington - Senior) 22.9 years old | 6'2" | 200 lbs
  93. Undrafted : George De Paula PG (Pinheiros - International) 19.9 years old | 6'6" | 194 lbs
  94. Undrafted : Vasilis Charalampopoulos SF (Panathinaikos - International) 19.3 years old | 6'8" | 205 lbs
  95. Undrafted : Dedric Lawson SF (Memphis - Freshman) 18.6 years old | 6'8" | 215 lbs
  96. Undrafted : Nigel Hayes PF (Wisconsin - Junior) 21.4 years old | 6'8" | 235 lbs
  97. Undrafted : Dwayne Bacon SF (Florida St - Freshman) 20.7 years old | 6'5" | 202 lbs
  98. Undrafted : Chris Boucher PF (Oregon - Senior) 23.2 years old | 6'10" | 200 lbs
  99. Undrafted : Carlton Bragg PF (Kansas - Freshman) 20.3 years old | 6'8" | 225 lbs
  100. Undrafted : Amida Brimah C (Connecticut - Junior) 22.0 years old | 7'0" | 230 lbs


※一部アーリーエントリーを撤回したプレーヤーも含まれています。


<参考>
NBA.com
ESPN
NBADraft.net
DraftExpress
CBSSports.com
Sports Illustrated, SI.com
USA TODAY Sports
Bleacher Report
Basketball Insiders
HoopsHype

 

edcota.hatenablog.com

NBAドラフト2016 ポジション別ベスト5

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村


NBA ブログランキングへ

NBAドラフト2016 3ポイントシューター ベスト5

DRAFT

3ポイントシュートの必要性が高まるNBA

f:id:edcota:20160607215456j:plain

ステフィン・カリーやクレイ・トンプソンの活躍で、3ポイントシューターの需要が高まるNBA。レギュラーシーズンでは3PTを多用するブレイザーズが躍進したり、プレーオフでは3PTが好調なキャブズがファイナルまで順調に勝ち進んできました。
また、デマーカス・カズンズやアル・ホーフォードの3PT試投数が増加したように、長身のビッグマンにもアウトサイドからの得点が求められています。3ポイントシュートに加えて、ぺリメーターのディフェンス力も兼ね備えた、デマー・キャロルやダニー・グリーンのような「3&D」の特性を持った選手の存在感も増しています。来シーズン以降もこうした傾向は続きそうです。
ドラフトではオールラウンダーやビッグマンが上位指名される傾向がありますが、優れたシューターを確保したいチームも多いはず。カレッジでは成功しても、NBAレベルで通用する即戦力のシューターはなかなか現れません。ウォリアーズのカリーやトンプソンのように自らシュートチャンスをクリエイトできるプレーヤーは貴重な存在であって、スポットアップシューターにとってはアシストを供給してくれる優れたPGがチームにいるかどうかが鍵となります。
今年のドラフトでは、一度入りだしたら止まらない爆発力を秘めるケンタッキー大のジャマール・マレーと、NBAでも通用するシュートレンジを持つオクラホマ大のバディ・ヒールドに注目です。バディ・ヒールドはNCAAで証明した通り得点能力が抜群であり、優れたシューティングセンスも持っているので、ステフィン・カリーのようなスコアラーに成長する可能性を秘めています。

2016 NBA Draft

  • 開催日 6月24日(金)
  • 開催地 バークレイズ・センター (ブルックリン)

スケジュール

  • 5月12日(木) - 5月16日(月) ドラフトコンバイン (シカゴ)
  • 5月18日(水) ドラフトロッタリー
  • 5月26日(木) NCAAが定めたアーリーエントリー撤回期限
  • 6月14日(火) NBAが定めたアーリーエントリー撤回期限
  • 6月24日(金) NBAドラフト当日

※すべて日本時間

 


ドラフト候補生 3ポイントシューター(ベストシューター) Top 5

 

5. ウェイド・ボールドウィン (PG)

f:id:edcota:20160607215514j:plain

  • Name: Wade Baldwin IV
  • Position: Point Guard
  • College: Vanderbilt
  • Class: Sophomore
  • Age: 20
  • Height: 6-4
  • Weight: 202
  • Reach: 8-6
  • Wingspan: 6-11
  • 予想指名順位: 1巡目10位から2巡目35位
  • NCAAでの3PT成功率: 40.6% (1.2-3.1)
  • 40分換算の3PT成功数: 1.6


Wade Baldwin IV Full Highlights vs Texas A&M (2-4-16) 17 Pts 3 Rebs 8 Asts, SHOT CALLA!

 


4. デンゼル・バレンタイン (SG/SF)

f:id:edcota:20160514125514j:plain

  • Name: Denzel Valentine
  • Position: Shooting Guard
  • College: Michigan State
  • Class: Senior
  • Age: 22
  • Height: 6-6
  • Weight: 210
  • Reach: 8-6
  • Wingspan: 6-11
  • 予想指名順位: 1巡目8位から1巡目20位
  • NCAAでの3PT成功率: 44.4% (3.4-7.5)
  • 40分換算の3PT成功数: 4.1


Denzel Valentine Senior Video | 2016 Men's Basketball Senior Day

 


3. ファルカン・コルクマズ (SG)

f:id:edcota:20160514125618j:plain

  • Name: Furkan Korkmaz
  • Position: Shooting Guard
  • From: Turkey
  • Team: Anadolu Efes
  • Age: 18
  • Height: 6-6
  • Weight: 200
  • Reach: -
  • Wingspan: -
  • 予想指名順位: 1巡目12位から1巡目28位
  • 海外リーグでの3PT成功率: 40.8% (0.7-1.8)
  • 40分換算の3PT成功数: 2.5


Furkan Korkmaz Highlights Season 2014-2015 (Full HD)

 


2. ジャマール・マレー (PG/SG)

f:id:edcota:20160507230356j:plain

  • Name: Jamal Murray
  • Position: Point Guard
  • From: Kentucky
  • Class: Freshman
  • Age: 19
  • Height: 6-5
  • Weight: 207
  • Reach: 8-3
  • Wingspan: 6-7
  • 予想指名順位: 1巡目3位から1巡目7位
  • NCAAでの3PT成功率: 40.8% (3.1-7.7)
  • 40分換算の3PT成功数: 3.6


Jamal Murray Full Highlights 2015.12.19 Kentucky vs Ohio St - 33 Pts, 7 Threes!

 


1. バディ・ヒールド (SG)

f:id:edcota:20160514125534j:plain

  • Name: Buddy Hield
  • Position: Shooting Guard
  • College: Oklahoma
  • Class: Senior
  • Age: 22
  • Height: 6-5
  • Weight: 212
  • Reach: 8-5
  • Wingspan: 6-9
  • 予想指名順位: 1巡目3位から1巡目8位
  • NCAAでの3PT成功率: 45.7% (4.0-8.7)
  • 40分換算の3PT成功数: 4.5


2016 NCAA Tournament Highlights: Oklahoma's Buddy Hield


Buddy Hield Pre-Draft Workout

 

NBAドラフト2016 ポジション別ベスト5

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村


NBA ブログランキングへ

NBAファイナル2016 第2戦の「たいへんよくできました」ベスト5

NBA

キャブズを77得点に抑え込んだウォリアーズが圧勝

f:id:edcota:20160606115310j:plain

ウォリアーズのチームディフェンスが機能し、キャブズのフィールドゴール成功率を35%に封じました。ドレイモンド・グリーンの28得点を筆頭に、オフェンスでもバランスの良さが光り、第3クォーターで早くも勝負を決めています。
キャブズはまたもオフェンスのリズムを掴めず、ディフェンスでもローテーションを徹底できずに崩壊。レブロンが味方のシュートチャンスを作り出そうとするも、オフェンスのパターンが限定されてしまい、最後まで流れを引き寄せられませんでした。結果、第1戦と同様にレブロンがタフショットを強いられる場面が目立っています。
ケビン・ラブの脳震とうも気になるところで、ホームコートに場所を移すとはいえ、チームを立て直すのは容易ではなさそうです。

 

NBAファイナル2016 スケジュール

  • 第1戦 6月3日 (金) CLE 89 - 104 GSW (GSW lead 1-0)
  • 第2戦 6月6日 (月) CLE 77 - 110 GSW (GSW lead 2-0)
  • 第3戦 6月9日 (木) 午前10時 GSW@CLE
  • 第4戦 6月11日 (土) 午前10時 GSW@CLE
  • 第5戦 6月14日 (火) 午前10時 CLE@GSW
  • 第6戦 6月17日 (金) 午前10時 GSW@CLE
  • 第7戦 6月18日 (月) 午前9時 CLE@GSW

※すべて日本時間


Cavaliers vs Warriors: Game 2 NBA Finals - 06.05.16 Full Highlights

 


「たいへんよくできました」ベスト5 - Game 2

 

5. リチャード・ジェファーソン

f:id:edcota:20160606221922j:plain

  • Richard Jefferson (Cleveland Cavaliers)
  • 26 MIN, 12 PTS, 5 REB, 1 STL, 1 BLK, 1 TO
  • FG 4-6 66.7%, FT 4-6 66.7.0%

他のプレーヤーがなかなか得点に絡めない中、積極的にオフェンスへ参加していました。孤立するレブロンをなんとかサポートしようとする姿勢が見られたものの、35歳のベテランに多くを望むのは酷です。JR・スミス、イマン・シャンパートといったウイングが、もう少し機能してくれるとよいのですが。

 


4. レブロン・ジェームズ

f:id:edcota:20160606221934j:plain

  • LeBron James (Cleveland Cavaliers)
  • 33 MIN, 19 PTS, 8 REB, 9 AST, 4 STL, 1 BLK, 7 TO
  • FG 7-17 41.2%, 3PT 1-5 20.0%, FT 4-4 100.0%

オフェンスの起点になろうとドライブやポストアップを試すも、やはりチームオフェンスは機能せず。トリプルダブルに迫るスタッツは立派ですが、7回のターンオーバーが示すように、ウォリアーズのディフェンスに対して非常に苦戦している様子が伺えます。フリースローも4本しか得られず、ホームに移動してからこの数字が増加するかどうか。

 


3. クレイ・トンプソン

f:id:edcota:20160606221943j:plain

  • Klay Thompson (Golden State Warriors)
  • 31 MIN, 17 PTS, 2 REB, 5 AST, 2 STL, 4 TO
  • FG 6-13 46.2%, 3PT 4-8 50.0%, FT 1-1 100.0%

この試合も主役級の活躍は見られませんでしたが、大事な局面で着実にスリーを沈めていました。やや物足りなさを感じてしまうほどで、アウェイでの戦いとなる第3戦以降に本領発揮といきたいところ。サンダーとの激戦で見せたトンプソンの驚異的なパフォーマンスが再現される機会はやってくるか。

 


2. ステフィン・カリー

f:id:edcota:20160606221951j:plain

  • Stephen Curry (Golden State Warriors)
  • 24 MIN, 18 PTS, 9 REB, 4 AST, 1 BLK, 4 TO
  • FG 7-11 63.6%, 3PT 4-8 50.0%

トンプソンと同様にゲームの展開を考えれば、主役となる必要がありませんでした。カリーらしいプレーは随所に見られましたし、9本のリバウンドもチームへの貢献を象徴しています。贅沢ではりますが、ファイナルの舞台でカリーの爆発を見てみたいところです。

 

1. ドレイモンド・グリーン

f:id:edcota:20160606221959j:plain

  • Draymond Green (Golden State Warriors)
  • 33 MIN, 28 PTS, 7 REB, 5 AST, 1 STL, 1 TO
  • FG 11-20 55.0%, 3PT 5-8 62.5%, FT 1-1 100.0%

前半からインサイド、アウトサイドと効果的に動き回り、コンスタントに得点を積み重ねました。3ポイントシュートは5/8の成功でチームに勢いをもたらしました。ディフェンスでも徹底したマークでぺリメーターとゴール下のアタックを死守し、この調子でいけばファイナルMVPの最有力候補でしょう。

 

NBAファイナル2016 「たいへんよくできました」ベスト5

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村


NBA ブログランキングへ

Class of 2004 NBA選手の高校時代の評価を振り返る 第3弾

HIGH SCHOOL

ドワイト・ハワードを筆頭に多くが高校からNBA

f:id:edcota:20160605132051j:plain

NBA選手のハイスクール時代を振り返ります。2004年クラス (Class of 2004) も、全米トップクラスの多くが、NCAAではプレーせず、直接NBAへ進む道を選んでいます。
2004年のNBAドラフトでは、ドワイト・ハワードが1位指名。他にも、ショーン・リビングストン、ロバート・スウィフト、セバスチャン・テルフェアー、アル・ジェファーソン、ジョシュ・スミス、JR・スミス、ドレル・ライトが、高卒選手として1巡目で指名されています。
ドワイト・ハワードはリーグを代表するセンターに成長し (最近は自信を失っているように見えますが…)、オーランド・マジックではNBAファイナルにも進出しました。アル・ジェファーソンも稀有なポストプレーヤーとして活躍し、2014年にはオールNBAサードチームに選出されています。しかし、それ以外は、オールスターの出場経験もなく、ロールプレーヤーとして生き残っているか、すでにNBAから姿を消しています。

 


Class of 2004 高校生プレーヤー ランキング Top 20

f:id:edcota:20160605131959j:plain

恵まれた体格と優れた運動能力で他を圧倒していたアトランタ出身のドワイド・ハワードがナンバーワン。まだまだ粗削りな面が多かったものの、これだけスケールの大きなビッグマンをNBAが放っておくはずがありません。
先日のNBAファイナル第1戦で大活躍したショーン・リビングストンが全米2位。201cmの長身ポイントガードで、名門デューク大でプレーする予定でしたが、結局はドラフト4位でクリッパーズ入り。将来を期待されましたが、3年目に靭帯を複数断裂する重傷を負い、キャリアは終わったかに思われました。しかし、懸命なリハビリを続けて現役に復帰し、数々のチームを渡り歩いて経験を積み、現在はウォリアーズでセカンドユニットの貴重な戦力としてファイナルの舞台に立っています。
セバスチャン・テルフェアー (6位) は、天才高校生として SLAM Magazine の表紙を飾りますが、ポイントガードとしては安定感に欠け、NBAでは成功できませんでした。ロバート・スウィフト (8位) は、ソニックスでプレーするも大成せず、日本の東京アパッチでもプレーしましたが、コート外でトラブルを抱え、自宅を差押えられる事態にまで発展。ドワイト・ハワードのように高卒プレーヤーとして成功を収める例もあれば、NBAでは生き残れなかったり、コート外でトラブル抱える悲劇的なプレーヤーも数多く存在します。
トップ20では、ルディ・ゲイ (5位)、グレン・デイビス (11位)、ラマーカス・オルドリッジ (12位) といった好選手が並ぶ他、デューク大のデマーカス・ネルソン (18位)、UCLAジョーダン・ファーマー (20位) など、カレッジで活躍した選手も輩出しています。

 

1. ドワイト・ハワード Dwight Howard

2. ショーン・リビングストン Shaun Livingston

3. アル・ジェファーソン Al Jefferson

4. ジョシュ・スミス Josh Smith

5. ルディ・ゲイ Rudy Gay

6. セバスチャン・テルフェアー Sebastian Telfair

7. マービン・ウィリアムズ Marvin Williams

8. ロバート・スウィフト Robert Swift

9. マリック・へアストン Malik Hairston

10. ランドルフ・モリス Randolph Morris

11. グレン・デイビス Glen Davis

12. ラマーカス・オルドリッジ LaMarcus Aldridge

13. DJ・ホワイト D.J. White

14. ジョー・クロフォード Joe Crawford

15. ダリアス・ワシントン Darius Washington Jr.

16. ファン・パラシオス Juan Palacios

17. ジャワン・マクレラン Jawann McClellan

18. デマーカス・ネルソン DeMarcus Nelson

19. ダニエル・ギブソン Daniel Gibson

20. ジョーダン・ファーマー Jordan Farmar

 


その他の有名選手のランキング

f:id:edcota:20160605132213j:plain

コーリー・ブリューワー (25位)、アル・ホーフォード (48位)、ジョーキム・ノア (72位)、トウリーン・グリーン (圏外) はフロリダ大に進み、現サンダーHCのビリー・ドノバンのもと、NCAAトーナメントで2連覇の偉業を達成しました。
ドリュー・ナイツェル (54位) は、NBAには行けなかったものの、ミシガン州立大で活躍した渋くて頭の良いガードでした。ダーネル・ジャクソン (68位) も、カンザス大の主力として活躍し、2008年には全米チャンピオンを経験しています。
ロイ・ヒバート (圏外) の評価は決して高くありませんでしたが、ジョージタウン大での活躍で知名度を上げ、NBAではオールスターに選ばれるほどのセンターに成長。また、ニック・ヤング (89位) も、イギー・アゼリアと婚約するほどの有名人となりました。

 

21. ラジョン・ロンド Rajon Rondo
23. JR・スミス J.R. Smith
25. コーリー・ブリューワー Corey Brewer
26. アーロン・アフラロ Arron Afflalo
37. グレッグ・スティムスマ Greg Stiemsma
42. ドレル・ライト Dorell Wright
48. アル・ホーフォード Al Horford
54. ドリュー・ナイツェル Drew Neitzel
64. アンドレイ・ブラッチ Andray Blatche
68. ダーネル・ジャクソン Darnell Jackson
72. ジョーキム・ノア Joakim Noah
89. ニック・ヤング Nick Young
圏外. ジェフ・グリーン Jeff Green
圏外. トウリーン・グリーン Taurean Green
圏外. ロイ・ヒバート Roy Hibbert
圏外. タイラス・トーマス Tyrus Thomas

 

NBA選手の高校時代の評価を振り返る 全米高校生ランキング

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村


NBA ブログランキングへ

NBAファイナル2016 第1戦の「たいへんよくできました」ベスト5

NBA

ベンチ陣の奮闘でウォリアーズが初戦を制す

f:id:edcota:20160604155120j:plain

ショーン・リビングストンの20得点を筆頭に、ウォリアーズのリザーブが45得点の大活躍。ステフィン・カリー、クレイ・トンプソンが合計20得点に抑えられたものの、ベンチ陣が攻守両面で奮起し、ウォリアーズが貴重な第1戦を物にしました。
キャブズは第3クォーターに逆転するも、マシュー・デラベドーバとアンドレ・イグダーラの小競り合いを境に失速。17回のターンオーバーから25得点を許したことも敗因のひとつで、ウォリアーズの厳しいディフェンスを前にボールを回せませんでした。
オフェンスの組み立てと、ディフェンスのローテーションに課題を残したキャブズは、同じくアウェイで戦う第2戦までにそれらを修正できるかどうか。

NBAファイナル2016 スケジュール

  • 第1戦 6月3日 (金) CLE 89 - 104 GSW (GSW lead 1-0)
  • 第2戦 6月6日 (月) 午前9時 CLE@GSW
  • 第3戦 6月9日 (木) 午前10時 GSW@CLE
  • 第4戦 6月11日 (土) 午前10時 GSW@CLE
  • 第5戦 6月14日 (火) 午前10時 CLE@GSW
  • 第6戦 6月17日 (金) 午前10時 GSW@CLE
  • 第7戦 6月18日 (月) 午前9時 CLE@GSW

※すべて日本時間

 


Cavaliers vs Warriors: Game 1 NBA Finals - 06.02.16 Full Highlights

 



「たいへんよくできました」ベスト5 - Game 1

 

5. リアンドロ・バルボサ

f:id:edcota:20160604155129j:plain

  • Leandro Barbosa (Golden State Warriors)
  • 11 MIN, 11 PTS, 1 REB, 0 TO
  • FG 5-5 100.0%, 3PT 1-1 100.0%

短い出場時間ながら、すべてのシュートを成功。カリーとトンプソンの得点が伸びぬ状況で、チームの貴重な得点源となりました。

 


4. ドレイモンド・グリーン

f:id:edcota:20160604155141j:plain

  • Draymond Green (Golden State Warriors)
  • 40 MIN, 16 PTS, 11 REB, 7 AST, 4 STL, 1 BLK, 3 TO
  • FG 5-11 45.5%, 3PT 2-6 33.3%, FT 4-4 100.0%

ゴール下では激しい接触で何度もシュートを防ぎました。オンボールに対するディフェンスも見事で、キャブズのオフェンスのリズムを崩しています。

 


3. レブロン・ジェームズ

f:id:edcota:20160604155149j:plain

  • LeBron James (Cleveland Cavaliers)
  • 41 MIN, 23 PTS, 12 REB, 9 AST, 2 STL, 1 BLK, 4 TO
  • FG 9-21 42.9%, 3PT 2-4 50.0%, FT 3-4 75.0%

闘志あふれるプレーでチームを引っ張りましたが、疑問に残るシュートセレクションも見受けられました。オフェンスのリズムが停滞し、なんとか個人で打開しようとするも、突破口を見出せず。

 


2. アンドレ・イグダーラ

f:id:edcota:20160604155201j:plain

  • Andre Iguodala (Golden State Warriors)
  • 36 MIN, 12 PTS, 7 REB, 6 AST, 1 STL, 1 BLK, 0 TO
  • FG 5-9 55.6%, 3PT 2-4 50.0%

相手のドライブに対するディフェンスと、シュートモーションに移る絶妙なタイミングでボールをはたき落す好プレーを連発。キャブズは今年もイグダーラのディフェンスに悩まされそうです。

 


1. ショーン・リビングストン

f:id:edcota:20160604155210j:plain

  • Shaun Livingston (Golden State Warriors)
  • 27 MIN, 20 PTS, 4 REB, 3 AST, 1 STL, 0 TO
  • FG 8-10 80.0%, FT 4-4 100.0%

重要な場面でミドルレンジからのジャンパーを次々と成功させ、チームに勢いをもたらしました。セカンドユニットでは司令塔としての役割もこなし、シリーズを通してXファクターとなりそうな予感。

 

NBAファイナル2016 「たいへんよくできました」ベスト5

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村


NBA ブログランキングへ