読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NBAなんでもベスト5

NBAやNCAAバスケットボールについて、独断と偏見で気軽にランキング

プレーオフ史上ベンチスタートで「30 Pts, 5 Reb, 5 Ast」ベスト5

NBA

途中出場のカリーが「40 Pts, 9 Reb, 8 Ast」の大活躍

f:id:edcota:20160511202814j:plain

ウォリアーズのステフィン・カリーがベンチからの出場で、40得点、9リバウンド、8アシストの活躍でチームを逆転勝利に導きました。しかも、右ひざの負傷から復帰した初戦でこの活躍ですから、満場一致でMVPに選出されたことも納得です。ブレイザーズからすれば悪夢のような一夜でしたが、カリーの復帰でウォリアーズは再び勢いに乗りそうです。
過去にスターターではなくベンチからの出場で、30得点、40得点と、高得点を記録した選手はプレーオフで多数いますが、30得点、5リバウンド、5アシスト以上を記録した選手は、プレーオフ史上5人しかいません。トリプルダブルに迫るスタッツを残したカリーはその5人目となったわけです。今回はプレーオフで「30-5-5」を記録したプレーヤーを紹介します。

 


プレーオフ史上、ベンチスタートで「30得点、5リバウンド、5アシスト」以上を記録した選手ベスト5


5. サム・キャセール (1995年5月30日)

f:id:edcota:20160511202925j:plain

  • Sam Cassell (Houston Rockets)
  • 30 Pts, 5 Reb, 12 Ast, 3 Stl
  • 8-17 FG, 2-5 3PT, 12-12 FT
  • May 30, 1995
  • 1995 Western Conference Finals, Game 5
  • Houston Rockets 111
  • San Antonio Spurs 90

 


4. マヌ・ジノビリ (2007年5月18日)

f:id:edcota:20160511202931j:plain

  • Manu Ginobili (San Antonio Spurs)
  • 33 Pts, 11 Reb, 6 Ast, 4 Stl
  • 11-17 FG, 4-7 3PT, 7-9 FT
  • May 18, 2007
  • 2007 Western Conference Semifinals, Game 6
  • Phoenix Suns 106
  • San Antonio Spurs 114

 


3. エディ・ジョンソン (1989年5月13日)

f:id:edcota:20160511202943j:plain

  • Eddie Johnson (Phoenix Suns)
  • 34 Pts, 7 Reb, 5 Ast, 1 Stl
  • 13-20 FG, 6-8 3PT, 2-2 FT
  • May 13, 1989
  • 1989 Western Conference Semifinals, Game 4
  • Phoenix Suns 135
  • Golden State Warriors 99

 


2. ニック・ヴァン・エクセル (2003年5月10日)

f:id:edcota:20160511202958j:plain

  • Nick Van Exel (Dallas Mavericks)
  • 40 Pts, 7 Reb, 7 Ast
  • 14-26 FG, 6-12 3PT, 6-7 FT
  • May 10, 2003
  • 2003 Western Conference Semifinals, Game 3
  • Dallas Mavericks 141
  • Sacramento Kings 137

 


1. ステフィン・カリー (2016年5月9日)

f:id:edcota:20160511203010j:plain

  • Stephen Curry (Golden State Warriors)
  • 40 Pts, 9 Reb, 8 Ast
  • 16-32 FG, 5-16 3PT, 3-3 FT
  • May 9, 2016
  • 2016 Western Conference Semifinals, Game 4
  • Golden State Warriors 132
  • Portland Trail Blazers 125